サプリメントの定期宅配

ベルムア150とは。
腸内環境から始まるカラダメンテナンス

ベルムア150は、BRMの中でも白血球を元気にする効果がダントツに高い乳酸球菌であるEF-2001株に、パントテン酸カルシウムとオリゴ糖を配合して相乗効果を高めた唯一の健康維持食品です。
EF-2001株(正式名:エンテロコッカス・フェカリスEF-2001株)

腫瘍免疫学の進歩により、白血球の働きを高める物質が野菜にあることがわかってきましたが、その物質はビタミンやミネラルとは関係がなく、栄養学では問題にされてこなかった成分でした。この新しく発見された成分を総称してBRMと呼んでいますが、BRMは、野菜だけでなく、乳酸球菌にたくさん存在していることがわかってきたのです。

また、乳酸菌食品で有名なプロバイオティクスは、生きた乳酸菌を摂取することで、腸内環境を整えると言われていますが、現在では、腸内環境を整えると同時に腸菅免疫を活性化させる作用がある「バイオジェニックスと」呼ばれる新しいジャンルの乳酸菌が注目されています。バイオジェニックスは加熱処理をする事で、今までの乳酸菌になかった特性を生み出し、カラダの戦うチカラに直接、間接のダブルの作用で健康維持に活躍します。バイオジェニックスの中でも、白血球を活性化させるチカラがもっとも強いEF-2001株が球菌であることから、「乳酸球菌」と呼ばれています。

イラスト

善玉菌が多い腸内は弱酸性で、病原菌から体を守ってくれます。
排便もスムーズで、うんちやおならの臭いも少ないです。
免疫力=強い。

BRMとは白血球を活性化する物質の事で、白血球を元気に正しく働かせ、免疫力を高める作用があります。BRM(Biological Response Modifier)食べ物では淡色野菜や果物に多く含まれています。

◎エンテロコッカス・フェカリスとは

乳酸球菌エンテロカッカス・フェカリス(EF−2001株)は、白血球の栄養であるBRM成分を豊富に含んでいます。最近の研究では、抗腫瘍効果、白血球減少抑制効果(免疫賦活効果)、降圧作用、血糖値低下作用、便通改善効果などが解明され、多くの学会で発表されています。

◎ベルムア150の特徴

  • 01)乳酸球菌EF-2001株を1兆個以上含有。
  • 02)EF-2001株は、カラダの戦うチカラを元気にします。
  • 03)腸の状態にかかわらず、腸内フローラをケアします。
  • 04)加熱処理をする事により品質を安定。白血球を活性化する能力を高めます。
  • 05)パントテン酸カルシウムを64mg含有。乳酸菌増強効果。疲労回復効果など。
  • 06)オリゴ糖を136mg含有。善玉菌の餌になり、悪玉菌を減少。
  • 07)オリゴ糖は短鎖脂肪酸を生成し、糖質と同時に脂肪を燃焼。
  • 08)EF-2001株とパントテン酸Caとオリゴ糖で相乗効果を発揮。
  • 09)免疫力増強・善玉菌増殖・美肌効果・便通改善・抗疲労効果など。
  • 10)医薬品に対して、70%以上の力価を有する物だけを使用。

◎パントテン酸カルシウムとは

パントテン酸ビタミンB5として知られ、血清コレステロール低下作用、抗疲労作用、鎮痛作用などがあり、医薬品としてもその効果が知られています。さらに、乳酸菌の増殖効果があり、整腸効果、弛緩性便秘の改善効果なども報告されています。ストレスを受けると細胞に傷がつきますが、それを和らげる為に、副腎皮質ホルモンが出てきます。パントテン酸はこのホルモンの分泌を調整してくれます。

  • ・蠕動運動の促進 ・脂肪の代謝に必要なビタミンです。
  • ・善玉菌のエサになる。
  • ・疲労回復効果。
  • ・ストレス回復効果。
  • ・水溶性の為、体に蓄積されないので副作用がありません。

◎オリゴ糖とは

オリゴ糖腸内細菌により発酵を受け、食物繊維と類似作用をおこして、便通改善が期待できます。
また、腸内で乳酸菌の増殖を助ける作用もあります。食物繊維は食べ物が大腸にとどまる時間を短縮して発ガン物質の吸収を低下させてくれます。

オリゴ糖は 酪酸、酢酸、プロビオン酸などの短鎖脂肪酸を生成します。

◎短鎖脂肪酸の働き。

→脂肪の合成を抑制、糖質と同時に脂肪を燃焼。
*ベルムア150に配合されているオリゴ糖は、善玉菌を増やす作用が強い種類のオリゴ糖を配合しています。

食物繊維と似たような働きがあり、大腸の蠕動運動を促す成分として
重要な役割があります。

◎短鎖脂肪酸は消費カロリーをアップ!

通常は糖質が不足すると脂肪が使われますが、短鎖脂肪酸は糖質と同時に、肝臓で脂肪燃焼を促進する効果があるので、消費カロリーをアップさせてダイエットにも貢献してくれます。

◎オリゴ糖の効果

  • ・便を移動させる蠕動(ぜんどう)運動を促進→便通が良くなる。
  • ・糖質と脂肪を同時に燃焼→消費カロリーアップでダイエットに貢献します。
  • ・神経を沈静化させて、イライラをおさえる効果。
  • ・カルシウムなどのミネラルの吸収率をアップ。
  • ・短鎖脂肪酸を作るには、オリゴ糖の摂取が有効です。
□ベルムア150
相乗効果
◎原材料
馬鈴薯でんぷん、乳糖、結晶セルロース、乳酸球菌、オリゴ糖、パントテン酸カルシウム、クエン酸

EF-2001株 1兆個含有
乳酸菌末 150mg
オリゴ糖 136mg
パントテン酸Ca 64mg

ベルムア150
◎栄養成分表示
  • エネルギー 2.9Kcal
  • タンパク質 0.1g
  • 脂質 0.0g
  • 炭水化物 0.6g
  • ナトリウム 1.7mg
  • オリゴ糖 136mg
  • パントテン酸Ca 64mg
Copyright (C) 2012-2017 cogconcept.Co.,Ltd. All Rights Reserved.