サプリメントの定期宅配

生きている乳酸菌と死菌(加熱処理菌)の違い

一般的には、「生きた乳酸菌が生きたまま腸に届いて腸内環境を改善してくれる。」というのが定説になっていますが、ここまで勉強してきたように、生きた乳酸菌は免疫力が高く若い時は機能してくれますが、加齢が進んだ時や、病気の時には、期待した効果を得るのは難しいようです。違いを比べてみましょう。

生きた乳酸菌(プロバイオティクス)

プロバイオティクス
  • (1)強力な胃酸で分解されるので、生きたまま腸に届く確率は低い。
  • (2)生きたまま腸に届いても、自己の100兆個もの腸内細菌に排除され定着が難しい。
  • (3)食べ物が腸を通過する時間は約 時間なので増殖するには時間が足りない。
  • (4)胃酸で分解されても、善玉菌の餌になれる。
  • (5)加齢や病気の時は、生菌ではかなり大量に摂取しないと効果が得にくい。
  • (6)糖分を含むヨーグルトや乳酸菌飲料では、大量摂取するとカロリー過多になってしまう。
  • (1)大量に摂取しても、直接カラダの戦うチカラに作用させることは出来ない。
  • (7)気軽に摂取できる。価格は安め。

死菌(バイオジェニックス、加熱処理菌)

バイオジェニックス、加熱処理菌
  • (1)乳酸球菌であるEF-2001株の有効な部分だけを取り出すので大量摂取出来る。
  • (2)加熱処理をすることにより品質を高め、安定させる事が出来る。
  • (3)腸の状態にかかわらず、腸に付着して善玉菌を増やす効果がある。
  • (4)カラダの戦うチカラに直接作用させることが出来る。
  • (5)EF-2001株は、免疫を上げる効果がダントツに高い。
  • (6)飲み物や食べ物に入れて加熱しても、品質が変化しない。
  • (7)1度に1兆個以上摂取する事が出来る。
  • (8)1リットルから数グラムしか取れないので、価格が高め。
Copyright (C) 2012-2017 cogconcept.Co.,Ltd. All Rights Reserved.